VoiceBot と AI: 違いは何ですか? [明らかに]

公開: 2023-01-24

‍この記事では、 VoiceBot と AI の違いについて説明します。 【暴露】 . それについて知りたい場合は、この記事を読み続けてください。 それについての完全な情報を提供するつもりなので、始めましょう。

VoiceBot と AI は、関連性はあるものの異なる 2 つのテクノロジであり、カスタマー サービス、教育、エンターテイメントなど、さまざまな分野で自動化と効率化を促進するために広く使用されています。

しかし、多くの人はこの 2 つを混同し、何が違うのか疑問に思っています。 それでは、VoiceBot と AI の違いは何でしょうか? このガイドで確認します。

たとえば、このガイドでは、VoiceBot と AI とそのメカニズムを深く掘り下げて、それらが何を表しているかを判断するのに役立てます.

今日の記事は同じことに焦点を当てています。 【明かされる】』 記事には、あなたが知るために必要な情報が含まれています。

始めましょう!

目次

ボイスボットとは?

VoiceBot は、人工知能 (AI) と自然言語理解 (NLU) を使用して、ユーザーとの音声ベースのコミュニケーションを可能にするプログラムです。

一般的に言えば、VoiceBot は、情報の提供、質問への回答、タスクの実行、およびその他のさまざまな機能の支援に使用されます。

それらはコールセンターで広く使用され、日常の質問を処理することで顧客サービスを容易にします. これにより、人間のエージェントがより高度なシステムや質問に集中するためにより多くの時間を割くことができます。

ボイスボットは、よりパーソナライズされた便利なエクスペリエンスをユーザーに提供することもできます。 たとえば、VoiceBot は、パーソナライズされたレコメンデーションを提供したり、ホテルの部屋の予約やオンラインでの製品の注文などのタスクを支援したりできます。

AIとは

人工知能 (AI) は、現代の機械で人間の知性と行動を模倣するために使用される技術です。

高度なアルゴリズムと機械学習技術を使用して、機械が人間の行動を模倣できるようにします。 たとえば、パターンの認識、意思決定、経験からの学習などのタスクを実行するのに役立ちます。

AI (人工知能) は、自動運転車、Siri や Alexa などの音声アシスタント、顔認識ソフトウェアなど、幅広いアプリケーションを持っています。 そのアプリケーションは、ますます多くのマシンに組み込まれるにつれて、日々増加しています。

AI は、効率と意思決定を改善するために、ヘルスケア、金融、小売などの業界でも使用されています。

VoiceBot と AI の違いは何ですか?

AI は、人間の行動を模倣するように設計されたあらゆる技術を指す広義の用語です。 一方、VoiceBot は AI の特定のアプリケーションです。 前述のように、VoiceBot は人工知能 (AI) と機械学習テクノロジも使用してユーザーと対話します。

簡単に言えば、 AI は包括的な現代技術であり、VoiceBot はそのアプリケーションの 1 つです。

基本的なメカニズムが同じであるため、メリットとデメリットもある程度同じです。 以下では、カスタマー サービス業界における VoiceBot と AI の関与について説明します。

VoiceBot と AI がカスタマー サービス業界に与える影響

以下は、VoiceBot と AI テクノロジがカスタマー サービス業界をどのように混乱させているかです。

1. 24 時間体制の可用性

年中無休のカスタマー サービスを提供することは、いくつかの理由で重要です。 まず、顧客は昼夜を問わず、必要なときにいつでもサポートを受けることができます。

これは、異なるタイム ゾーンの顧客が通常の営業時間外にサポートを必要とする可能性があるため、グローバルに事業を展開する企業にとって特に重要です。

AI 搭載の VoiceBot はコンピューターに基づいているため、顧客を支援するために 24 時間利用できます。

これらは、より便利で応答性の高いエクスペリエンスを提供することで、顧客満足度を高めます。 これは、必要なサポートを迅速に受けられる顧客は、受けるサービスの全体的なレベルに満足する可能性が高いためです。

2.コスト削減

VoiceBot と AI は、人間が実行するルーチン タスクを自動化することで、コスト削減にも役立ちます。 これにより、人間の労働者が高度な思考を必要とするより複雑なタスクに集中できるようになるため、人件費を節約し、効率を向上させることができます。

たとえば、AI 対応の音声ボットは、口座残高の照会やパスワードのリセット要求など、さまざまなルーチン タスクを処理できます。 これにより、人間のエージェントが解放され、より複雑な問題を処理できるようになります。

3.パーソナライゼーション

VoiceBot は、顧客と対話するために大規模なデータベースに依存しています。 過去の顧客の好み、履歴、行動を保存して、パーソナライズされた効率的な顧客サービスを提供できるようにします。

また、自然言語理解 (NLU) を使用してユーザーの問い合わせを理解し、より自然で人間らしい方法で応答することで、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することもできます。 そのため、ユーザーはより個人的で魅力的な対話を行うことができます。

結論:)

要約すると、AI (人工知能) は、現代の機械に力を与え、人間の知性と行動をコピーするのに役立つ技術です。 一方、VoiceBot は、ユーザーとの音声ベースのコミュニケーションを可能にする AI 技術に基づくプログラムです。 簡単に言えば、VoiceBot は AI テクノロジーのアプリケーションです。

現在、これらのテクノロジーは多くの業界で広く使用されています。 カスタマー サービス業界といえば、VoiceBot がコール センターの業務を妨害しています。 現在、ほとんどのコール センターは、人件費を削減して収益性を高めるために、日常的な問い合わせを処理する VoiceBot を提供しています。

その上、AI ベースの VoiceBot は非常に効率的でもあり、疲れたりコストをかけたりすることなく 24 時間稼働できるからです。 コール センターを運営している場合は、VoiceBot を提供するソリューションを検討する価値があります。

また読む:)

  • 初心者向けの 20 以上の最高のグラフィック デザイン ツール: A-to-Z ガイド!
  • グラフィックデザインがビジネスにどのように役立つか: 初心者向けの A-to-Z ガイド!
  • グラフィックデザイナーに必要なスキル:初心者向けガイド!

2023年の5つ以上のRMMツールとソフトウェアに関するこの記事が気に入っていただければ幸いです。 これに関連する質問や提案がまだある場合は、下のコメント ボックスでお知らせください。 そして、この記事を読んでくれてありがとう